賛成土壌への中和

2017/06/04

我が家では、なるべく安心で安全な食物を摂取するよう心がけているうち、

ついには野菜作りまで始めてしまい、

作物用に 天地返ししたり腐葉土を混ぜたりと、土壌作りをしてミニ菜園を作っています。

 

酸性土壌になりやすいので、

作物によって石灰を混ぜて弱酸性~中性(pH6~7程度)に中和する必要があるのですが

畑仕事をしながら、組織にも中和が必要だな…などと思っていました。

 

経営理念の実現のために、

ベクトルの方向を合わせて邁進していく組織は非常に強力ですが、

反面、同質な人材ばかりになってしまう危険性もあります。

そうなると、戦略も戦術も偏ってきます。

 

経営幹部をはじめとする管理職の皆さん、

自分と同じ様な性格、同じ様な考え方の持ち主ばかり採用したり、

部下にしたりしていませんか?

 

酸性ならぬ賛成土壌のイエスマン集団になっていませんか? 

それでは、ご自身も組織も成長に限界が来ます。

ぜひ、ベクトルは合っているものの

「異質」なを入れてコントロールしてみましょう。

 

そうやって組織を中和することで、

ご自身や組織が強く成長できる土壌に変わっていくはずです。

 

収穫が楽しみですね。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Post

September 6, 2018

January 31, 2018

January 21, 2018

December 13, 2017

November 10, 2017

November 7, 2017

November 6, 2017

October 17, 2017

October 10, 2017

September 28, 2017

September 23, 2017

September 22, 2017

September 17, 2017

Please reload

Copyright © Sato Koichi All rights reserved.