事実と感情の分離

2017/07/07

人は誰かに出来事を伝えるとき、【事実】に【感情】を加えて話しがちです。

 

【感情】は話し手の主観にすぎませんから、

仕事面では特に「事実と感情を切り離して聴く」必要があります。


報告を受ける際にこの点を考慮しておかなければ、

相手が大げさに伝えていたり、自分を正当化して伝えていたり、

好き嫌いだけで伝えていることを全て【事実】として捉えてしまうこともあり得ます。

【感情】を理解して受容した上で、【事実】を見抜かなければ物事の本質は見えません。

 

ただし…

仕事以外のプライベートでは、大半のものごとが【感情】に左右されていることが多く、


【事実】はどうであれ、

「話し手はそう感じているんだ」と理解し、

あれこれと突っ込まずに素直に聴くことが重要ですね…

 

多くの男性は「解決しよう」としがちです。

相手ももちろん「解決したい」に違いありませんが、

「解決できない」と思い込んで行き詰まっている状態に

 

解決方法を提示することが必ずしも最善策とは言えないのです。

 

相手の求めていることを勘違いしないように気を付けて、

まずは全面的に受け止める姿勢でいましょう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Post

September 6, 2018

January 31, 2018

January 21, 2018

December 13, 2017

November 10, 2017

November 7, 2017

November 6, 2017

October 17, 2017

October 10, 2017

September 28, 2017

September 23, 2017

September 22, 2017

September 17, 2017

Please reload

Copyright © Sato Koichi All rights reserved.