若手リーダーシップ論

2017/06/20

「若い人にリーダーシップを求めるのはおかしい。

管理職がリーダーシップを取るべきだろう。」

ある会社で、人事制度構築のプロジェクトの最中に、労働組合の幹部から出た発言です。

リーダーシップが何か、

という定義は実は難しいのですが、この時の会話はそれ以前の問題で
「若い人がリーダーとして振る舞うようなことをしてはいけない。

それに見合う給与を貰っていない。」という発言まで出ていました。

お察しの通り、この会社の業績は悪い状態が続いています。


風土改革の一環として人事制度の改革を、ということでご用命頂きましたが、

早速良くない部分が出てきたなと感じました。

「若い人がリーダーシップを取ってはいけない」というような風土が

業績に悪影響を及ぼしているのだと指摘したことで、激論になりました。

組織上の指揮命令権とは違い、TPOによっては
新入社員でもリーダーシップを取らなければならないこともあります。


全員が積極的にリーダーシップを取って仕事を進めていった結果、

会社業績が上がり、給与が上がるのです。


逆に、そうしたことにチャレンジしないような社員は、

昇進や昇格をさせるべきではありませんし、当然給与も上がらないはずです。

その順番を間違えてはいけません。


そして、普段からこうした議論を

経営者や管理職層がきちんと実施しておかなければなりません。

上述の会社の場合は、最終的には渋々ご納得頂けたのですが、

風土改革には相当な時間がかかりそうです…

「風土改革を!」と言っているみなさん、
まずは、社長や幹部の「意識改革」が必要です。


それから、社員の「意識改革」を行います。
その順番を間違わないように実現していきましょう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Post

September 6, 2018

January 31, 2018

January 21, 2018

December 13, 2017

November 10, 2017

November 7, 2017

November 6, 2017

October 17, 2017

October 10, 2017

September 28, 2017

September 23, 2017

September 22, 2017

September 17, 2017

Please reload

Copyright © Sato Koichi All rights reserved.