魔法のシート

2017/05/12

昨日は、 目標達成へのアプローチについてお話しました。

 

「今はこの小さな成果で満足!」と割り切り、挫折しにくい体質に変えていきましょう。

そうお伝えすると「小さな成果」を感じるのが難しいと言う方がいらっしゃいます。

 

子どもの頃から、夢や目標は大きく持つのが良いと言われ

そこに向かって漠然と努力して来た方たち

 

言い換えれば100点を目指して頑張ることで結果的に80点を取って来た方たちにとって、

「目先のことだけ」に取り組んでいれば知らないうちに80点を取れるというやり方は、

どこか努力が足りず怠けているように思え「小さな成果」が目に見えず不安なのです。

 

そこで、私が開発した【魔法のシート】の活用をオススメします。

 

目標達成までの、 

(1)やる気に満ち溢れている「高揚期」

(2)そのあとに来る「挫折期」

(3)挫折期のあとに取り組む「目先期」

(4)最後にやる気が浮上していく「推進期」

 

を4つのステップとして、

【魔法のシート】の中にそれぞれの行動を記入していきます。

 

シートに記入していく大まかな流れは、次のようになります。

 

【ステップ1:高揚期】

こうなったらいいなという目標を達成した未来のハッピーな自分や他人(第三者)の姿を記入。

「ハッピーな姿」を実現するために具体的に「やるべきこと」を記入。

 

【ステップ2:挫折期】

2~3週間後に②の取り組みや進み具合を確認し、できなかった「言い訳」を記入。

 

ここでポイントは「言い訳」を記入というところです。

 

言い訳!?

(執筆中に妻からツッコミが入りました)

 

そうです。

挫折する自分を受け入れることが要なのです。

 

この後、

【ステップ3】【ステップ4】と続くのですが、

 

途中で挫折しそうになったら、「③できなかった言い訳を記入」に戻り、

その時の自分のレベルに合った目先のことをコツコツと継続していけばいいのです。

 

「小さな成果」を感じるのが難しいという方もシートに行動を書いて見える化することで、

 

・挫折しては言い訳してしまう自分

・それでも少しずつ進めている自分

 

を確認しながら目標を達成できるのです。

 

同じ80点でも

「100点を狙っていたのに…」と思いながらの80点なのか

「小さな成果」を感じながら取れた80点なのかで

 

心の在り方、ひいては人生そのものが異なっていきます。

 

シートのダウンロード方法や詳しい使い方は拙著に記載しておりますが、

「買ってください」というようなケチくさいことは言いません。

 

ブログで時折紹介していきますので、是非継続してご覧頂ければと思います。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Post

September 6, 2018

January 31, 2018

January 21, 2018

December 13, 2017

November 10, 2017

November 7, 2017

November 6, 2017

October 17, 2017

October 10, 2017

September 28, 2017

September 23, 2017

September 22, 2017

September 17, 2017

Please reload

Copyright © Sato Koichi All rights reserved.